2016年7月学習ポイント

2016.7.3

1章 通信霊シルバーバーチについて

(参考リンク)

『シルバーバーチは語る』 1章  ⇒

“シルバーバーチ霊”とは・・・「通信霊」シルバーバーチについて ⇒

 関西シルバーバーチ読書会 ⇒


今月の読書会は、『シルバーバーチの霊訓』の霊的背景を学び、シルバーバーチの霊的立場を確認し、”通信霊シルバーバーチについて”学習しました。
『シルバーバーチの霊訓』は、シルバーバーチという一人の高級霊が単独で送ってきた霊界通信ではなく、イエスをはじめとする何百億という高級霊の計画・地上への働きかけの大成として実現したものです。高級霊界の総意としてもたらされたもの。それが、『シルバーバーチの霊訓』です。一人の高級霊の個人的なメッセージではありませんでした。
霊界通信のすべてが優れたものではなく、内容的には、ピンからキリまであり、偽物も多くあります。低級霊の関与する低俗なものもあります。数ある霊界通信の中で、シルバーバーチの霊訓に匹敵するものはないということが、通信霊シルバーバーチについて歴史的な背景を含めて学習し納得できます。シルバーバーチの霊訓は、霊界総動員して進められてきたスピリチュアリズムの最頂点に位置するものです。
何百年もの期間を懸けて準備してくださった霊界の高級霊たちの熱い思い、地上人類の救いへの強い意欲が集約されています。高級霊たちは、最高の霊的真理を伝え、私達地上人が一刻も早くそれを実践して霊的成長の道を歩んでもらいたい、という必死の努力をしてくださっています。

スピリチュアリズムの目的を理解し、高級霊たちと同じ思いを持つことが、高級霊の方々の使いやすい道具となるために重要なことです。

 

●高級霊から与えられた使命
 ・スピリチュアリズムの人類救済計画への参加の要請
 ・地上圏に降りて霊媒を見つけ、協力者を集め、
  霊的メッセージを地上に届ける 使命
  (物理的心霊現象か霊界通信かの選択)
                     (関西シルバーバーチ読書会より)
       


シルバーバーチが高級霊界で生活しているとき、さらなる上層の高級霊から“スピリチュアリズム運動”への参加を要請されました。そして、シルバーバーチは、地上に通信を送るための準備にとりかかることになりました。まず、一番重要なことは、“専属霊媒”にふさわしいものを選び、自分の良き道具に育てあげることです。
シルバーバーチは、霊媒のバーバーネルが地上に生まれる前から働きかけを始め、同時に、地上の言語をマスターし、幽界の霊媒(レッドインディアン)をコントロールするための技術訓練をしています。地上における霊的真理の受け入れ態勢づくりを進めるために気の遠くなるようなあらゆる準備がなされた後に、初めて霊界からの通信が可能となりました。このように高級霊の通信であればあるほど、霊界における準備には長い時間が必要とされます。


●シルバーバーチの人間性…高級霊の人格
 ・霊団のマウスピース(代弁者)に過ぎない、霊団のメッセージを伝えるだけ
 ・個人の栄誉・褒章を一切求めない、自己宣伝をしない
 ・道具であることに喜び(道具意識に立った謙虚さ)
 ・ただ役に立てばいい(真の人類愛)

                    (関西シルバーバーチ読書会より)


自己の利益を一切求めない高級霊の清らかさと真の愛情に、日常での自分の心の持ち方や考え方が改められます。私たちが見習うべき手本、姿勢があります。シルバーバーチの霊訓の中にはそのような高級霊の謙虚さ、奉仕精神、純粋な利他愛を感じるものが多くあり、繰り返し読み、自分の姿勢を正し、霊的真理を人に伝える時にこのような高級霊の姿を手本にしていきたいと思います。


 

参加者の感想

◆ スピリチュアリズム普及会のホームページに、スピリチュアリズムの普及とは“シルバーバーチの霊訓”を伝えること“とありました。今回は改めて、シルバーバーチの霊訓がいかに重大な使命を任って地上に降ろされたか、シルバーバーチたち高級霊がいかに周到な準備をして、今回の仕事に臨んだかを学習しました。なぜ”シルバーバーチの霊訓“を学び、人生の指針とし、その内容を時期のきた人に伝えていくことが人類の救いにつながるのか、それはシルバーバーチの霊訓が個人的なメッセージではなく、霊界の総意であること、そして、地球人類を救済するために必要な内容だけが届けられているからです。私たち一人一人の霊的成長を霊界の皆さんがどれ程願い、それが成されたときにどれ程喜んできださるかと思うと、与えられた自分の役割と責任を果たしたい!と強く願いました。(30代女性)