霊界の人たちとの一体関係を強固にして

(2016年12月8日)

シルバーバーチは霊的真理を手にした私たちに、高級霊の手足となって働いてほしい、道具として未だ霊的真理を知らない人々に働きかけてほしいと繰り返し述べています。

スピリチュアリズム運動は、霊界主導によって成される地上人類を救う働きかけです。しかし、霊界人たちは、地上人という道具なくしては、地上世界に働きかけられません。

良き道具を目指して一歩一歩霊的真理を日々実践するという霊的人生を送る中、失敗をするなど、未熟な自分に何度も向き合います。理想に向けて歩む道のりには内面葛藤は避けられません。本当に霊界の人たちのお役にたっているのかどうか確信が持てなくなる時もあります。

しかし少しずつではあっても、悪戦苦闘の毎日、実践を積み上げる中で、以前はできなかった心の持ち方ができるようになっていることを感じ、苦しみがあるからこそ成長できることを実感しています。

未熟であっても、実践の日々を通して、私たちが純粋な道具意識を持って臨めば、自分一人ではなく、その背後には霊界の人たちの応援があることを確信しています。



シルバーバーチをはじめとする高級霊たちは、悲劇の中苦しむ地上人を何としても救いたいと、愛の思いから、スピリチュアリズム運動を起こし、手をゆるめることなく常に働いてくださっていることを私たちは知っています。そして霊的真理を手にし、実践を心がけるものには大きな期待をもって導いてくださっていることの実感が増してきました。

時期の来た人一人一人に霊的真理を手渡すことが私たちの役割で、最高に価値ある仕事です。

霊界の人たちの利他愛を見習い、使ってくださるような道具意識をもって、積極的に霊的成長を目指し、さらに自分を高める努力を重ねていきたいと思います。



  •          

    「一切のあきらめの念を駆逐しなさい。そうです、わたしたちには為さねばならない仕事があるのです。偉大な仕事です。よろこんでその手を、その心を、その精神を貸してくださる人々の協力を必要とする、大仕事があるのです。あなたもぜひ参加してください。あなた自身が手にされた知識を、寛容の精神で他人に披露して、その良さを知っていただくための努力を忍耐強く続けてください。」

     

    『地上人類への最高の福音』(スピリチュアリズム普及会)P58

  •  
  • 「たった一人の人間も、霊の力を背後にすれば大きな仕事ができるのです。(中略)おっしゃる通り、たった一人のすることです。見た目にはたった一人です。が、その背後には、自分を役立てたいとの願望に燃える者にかならず授けられる強大な霊力が控えております。」

     

    『地上人類への最高の福音』(スピリチュアリズム普及会)P56


  • ※引用はスピリチュアリズム普及会の許可を得ています。
  • 〈参考リンク〉
  • 〈スピリチュアリズム普及会〉 『地上人類への最高の福音』2章