2017年11月学習ポイント



 今月からはスピリチュアリズム普及会ホームページより「スピリチュアリズムとは」から、「スピリチュアリズムの思想――霊的真理の内容」をみていきます。

 霊界通信によって高級霊からもたらされた霊的知識は膨大な量に及びます。その霊的知識を整理して、重要ポイントを3つのグループに分けたものが、思想Ⅰ・思想Ⅱ・思想Ⅲです。この3つの思想が何を中心として分類されているかを確認した後、思想体系Ⅰの「人間観」について学習しました。


🔶3つの思想体系と中心軸

 

①スピリチュアリズムの思想体系1

     ――人間が今後、辿っていく道筋を中心に真理を整頓(時間軸)

 

②スピリチュアリズムの思想体系2

      ――人間を取り巻く世界を中心として真理を整理(水平軸)

 

③スピリチュアリズムの思想体系3

――人間の霊的成長と、そのための実践を中心として真理を整理(霊的成長と実践軸)

 



🔶人間観(人間とは、私とは)


●人間の構成・人体の仕組み

・霊体と肉体の2つの身体と重複構造(同一場所)

・人間の5つの構成要素

・霊的要素と物質的要素


 

「肉体は精神の表現器官であり、精神は霊の表現器官です。」


         『霊的新時代の到来』(スピリチュアリズム普及会)p.144

 


「人間は三位一体の存在です。一つは今のべた霊、これが第一原理です。存在の基盤であり、種子であり、すべてがそこから出ます。次に、その霊が精神を通じて自我を表現します。これが意識的生活の中心となって、肉体を支配します。この三者が融合し、互いに影響しあい、どれ一つ欠けても、あなたの地上での存在は無くなります。              

      『霊的新時代の到来』(スピリチュアリズム普及会)p.162~p.163


※引用に際しては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。

 私たち人間とはどのような存在なのか?目に見える肉体だけでなく、心(精神)を持っているということは多くの人は知っていますが、真実の人間の仕組みについてほとんど知りません。
 シルバーバーチは霊的観点から、真実の人間の仕組みを明らかにしました。私たち人間は霊体と肉体の2つの身体と重複構造(同一場所)からなる存在だと言います。霊体と肉体は浸透し合うような状態で存在しており、この霊体と肉体の二重構造論は、スピリチュアリズムの身体観の一番の基本です。
 人間は物質からできている「肉体」以外に、霊的構成要素である「霊体」があって、その「霊体」の中には意識作用を行う「霊の心」(「心」に相当する部分)があります。宗教において“魂”と呼ばれてきたものです。そしてその「霊の心(魂)」の最も高次の部分に、人間の本体である「霊(神の分霊・ミニチュアの神)」が存在します。

  • 霊的要素 ・・・  「霊体」・「霊の心(霊的意識)」・「霊」
  • 物的要素 ・・・  「肉体」・「肉体の心(肉体本能)」

 私たち人間は、誰もが大霊の「分霊」を内奥に存在していて、それこそが人間の「霊」の正体であるとシルバーバーチは何度も繰り返し述べています。人間の一番の本質・実体とは「大霊(神)」から与えられた「分霊」ということです。物質的な視点で見ると、肌の色、言語の違い、教養の違い、能力の違いなどの肉体や表面上のわずかな違いにとらわれてしまいます。しかし、霊的視野で見ると、すべての人間は神から付与された「分霊」を有しているため、誰もが神と愛で結ばれた「親子関係」であり、地球上のすべての人間は、「霊的兄弟(姉妹)」と言えます。

 私たちは大霊の子供であるのですから、誰一人として神から愛されていない人間など存在しません。霊的事実を知り、神の摂理の中で生きるならば孤独を感じるということもありません。一人一人が霊的存在者であり、神から与えられた価値ある存在です。真理を知り、「人類は神を共通の親とする“霊的一大家族”である」と心から実感する人が増えることによって、地上世界に真の平和を築くことができるのです。


  • 国家とか民族とかで差別してはいけません。いずれの国家も民族も、大霊の一部なのです。大霊の目から見れば皆、大霊の子供であり、兄弟姉妹なのです。私たちの教えは単純ですが、真実です。それは大霊の摂理を基盤としているからです。摂理を無視して地上世界を築こうとしても、混乱や騒動が起きるだけで、最後はすべてが破綻します。」

             『シルバーバーチの教え・上』(スピリチュアリズム普及会) p.59

 

  • すべての人間に大霊の分霊が宿っており、それゆえに全人類は等しく大霊の子供なのです。」

             『シルバーバーチの教え・上』(スピリチュアリズム普及会) p.57


 霊的真理は、高級霊が地上人を救いたいとの思いから必死に伝えてくれたものです。スピリチュアリズム普及会の皆様が膨大な霊的真理の全体的・体系的に整理してくださったおかげで、高級霊の願いは何なのか、具体的にどのように考えて、行動していけばよいのかということを理解することができるようになりました。

 こうした学習の土台という恩恵がある中でスタートできる私たちは、スピリチュアリズム普及会の先輩方が示してくださったハイレベル・スピリチュアリズムを確実なものとなるように、深く学ぶことを怠ることなく、実践の糧とし、霊的真理を正しく、純粋にそのまま伝えていかねばならない使命があるのではなでしょうか。


 

※引用に際しては、スピリチュアリズム普及会の許可を得ています。